スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

かくして天使は舞い降りた

1963年10月29日 大阪は阿倍野区で生を受けた。
早朝の4時か5時ぐらいの出生だったと聞いている。
長男だが上に姉がいる。待望の男の子だったようで、両親よりも祖母が事のほか喜んでいたらしい。
生後まもなく風邪をこじらせて肺炎に罹った。
体力もない新生児に肺炎は命取りになる病気で、医者は手を尽くしたが「もうこれ以上施しようがありません。あとはこの子の生命力にかかっています」と、いわば見放された状態。
顔は灰色になったまま。熱は下がらず唇はひび割れてパリパリ。脱水症状になってはいけないと祖母が寝ずの看病をしてくれた。
ほとんど両親も諦めかけていたが、祖母だけは絶対に諦めなかったと言う。
ひび割れてパリパリの唇を湿ったガーゼで水分を与え、氷枕を取り替えたりして必死で看病をしてくれた。

病状も一進一退のまま数日が過ぎ、もう在宅看護では限界があると入院させようと決めたその夜中、いつものように祖母が湿ったガーゼで唇を濡らしていて、ウトウトとしかけた時、奇跡が起きた。
湿ったガーゼを俺が自ら吸い始めたと言う。ハッと我に返った祖母はあわててミルクを作って与えたら勢いよく飲み始めた。
家中 火がついたように大騒ぎだった。 夜中だけど医者をたたき起こして往診に。
医者が来るなりの第一声が「考えられない」 
今まで瀕死の赤ちゃんが勢いよくミルクを飲むなんて聞いたことがないらしい。第一、治療らしい治療も出来ていないのに良くなる訳がない。
熱はまだあり、鼻が詰まって呼吸は苦しそうなものの、灰色だった顔色は見る見る赤みを帯びてきて数時間前とは明らかに症状が違う。
「大した生命力や! おばあちゃん、アンタの看病がこの子に通じたんやな」と言い残して医者は後処置を終えた。

この時の事は、いまだに家族で酒を飲んだときに話題として出てくる。
命の恩人の祖母はこの24年後に他界するが、その死に水を取ったのは俺だと言うのも深い縁である。

かくして天使は舞い降りた。

これから俺の波乱万丈の人生が始まるのである。

| 1/1PAGES |