<< さらに悪夢は続く | main | こんなはずではなかった・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

遅い大厄年

JUGEMテーマ:暗黒の時代

一般的に厄年は数え年で、前厄41歳、本厄42歳、後厄43歳 と言うことになっているが、俺の場合は前厄は何もなく、本厄がプロローグ ほんの序章となり後厄から後厄を過ぎて、次から次へと大問題が降りかかってきている (ーー;)


個人的なしょ〜もないブログをさも大問題として取り上げられて社内的にスポイルされ、露骨な退職勧奨まで受け、辞めざるを得なくなった。
不景気な時期と言うこともあり転職活動は大変困難を極め、生活設計が大幅に狂い始めた。
オカンはクモ膜下出血で倒れ生死の境をさまよい、社会復帰したとしても障害が残るらしい。実家は居酒屋を営んでいるので、オヤジがオカンの面倒を見ながら一人で店はやれないので、オカンが倒れてからは姉が手伝っているが、それすらも姉は姉で家族があり生活がある。
表面上 飄々とした感じで、一見大変そうな雰囲気は見せなかったが、内心は精神的にも経済的にもボロボロで、唯一 体だけが元気なのが救いだった。

“年内には何とか職を決めたい” と思ってはいるが、求人の案件自体が少なく、あっても既に年齢で引っかかる。11月末で失業手当も最後となり、退職金も残り少ない。
ラブホのアルバイトだけではこの先食って行けない。。。。かと言って、この歳ではアルバイトもそうそうあるわけでもないし、焦ってどうなるモンでもないが、どうしたら良いものかと悲嘆にくれているような状況だった。

毎日、転職サイトと登録している人材紹介会社のサイトを目を皿のようにして徘徊しての案件探し、毎週スーパーなどに置いてある求人情報誌のアイデムなどを隅から隅まで目を通した( ̄Σ ̄;)

以前にこのブログで何度も書いたが、広告宣伝の企画制作と言う、関西では景気がいいときでも少ない職種に、さらに年齢と言う条件枠が立ちふさがる。

もうこの頃は広告関係の職を探すのにほとんど諦めかけていた。これまで20数年間の経歴が無駄になってしまうのが、たまらなく辛かったがそんな事も言ってられない。
“食うためには、何でもする” そうでもしないと俺たち家族は路頭に迷う。。。ところが、その“何でも”がナイ。

アルバイト情報の求人誌を見ていて(多いなぁ)と思ったのが、派遣社員。 
その中で比較的給料の良いのを選んで、ダメもとで応募・登録した。
大手電機メーカー シャープのソーラー部門の下請工場だった。

あわよくば、ここで正社員になれるかもしれないと言う勝手な思い込みもあったが、とにかく食うためには少しでも給料のいいところで働きたかった。



オカンは幸い一命を取りとめて、植物人間になるかも・・・と言う最悪の状況は乗り越えたが、どこまで後遺症が残るのかは分からない。
バイトしながら週に1〜2回は実家の店を手伝い、あいた時間に就職活動とオカンの見舞いに行くという大変多忙な毎日となった。
この時でも実家から遠いと言うのは何かと問題があると痛切に感じた。

そんな感じで2007年(平成19年)は暮れようとしている。
まさに波乱の年と言うよりも、最低最悪の年だった。


しかし、それはまだまだ序の口にしか過ぎなかった。



ブログランキングに参加中
人気ブログランキング ← クリックしてね!




スポンサーサイト

| - | 15:14 | - | - |

Comment

すみません失礼しました

ジョニーさんでしたね(汗)
頭の中ではわかってたのですが
文字をうつ技能が追いついてませんでした

コレに懲りずに
今後とも宜しくお願いしますNE

| せー | 2009/02/25 9:46 PM |

せーさん

書き込み有難うございます。

何はなくとも健康が第一ですからね。。。丈夫に生んでくれた親に感謝ですよ(^^♪

ところで、ジョーイではなく “JOHNNY”(ジョニー)です!!

| JOHNNY | 2009/02/24 8:47 AM |

そっかまだ2007年の暮れなんですね

ジョーイさんの生活が今は落ち着いてくださってることを願います

キャリアやら給料やら悩みは尽きませんが健康が最優先ですよね

キレイゴトでなく僕は今回そう思いました

まあお金の問題は容赦なく立ち塞がってるわけですが・・・

| せー | 2009/02/23 7:39 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://half-return.jugem.jp/trackback/520

Trackback